ワイヤレスセンサーモジュール | 製品・サービス | 新光電気工業

開発品

ワイヤレスセンサーモジュール

WSM(Wireless Sensor Module:ワイヤレスセンサーモジュール)は、IoT(Internet of Things)のエッジデバイス等への組み込みを想定して開発した小型無線センサーモジュールです。当社では、IoT市場の中でも医療分野のウェアラブル機器、車載・産業機器、ロボティクス向けのモジュール開発を行っています。
医療用に開発したWSMは、組み込まれたセンサーから取得したバイタルサインなどのデータをリアルタイムでパソコンやスマートフォンへ送信する事が可能です。

特徴

  • 1つのモジュールにセンサー、CPU、 RF-IC、アンテナを集約
  • ウェアラブル用途は最適な薄く曲がる高密度多層基板を採用
  • 高密度多層基板により高ノイズ耐性を実現
  • 小型化を実現するモジュールデザイン
  • Bluetooth LE通信規格に対応

医療用WSMイメージ

指_02.jpg

測定対象

  • バイタルサイン(医療用途)
  • 体動・姿勢 (加速度)
  • 温度、圧力、応力、歪、振動(車載・産機・ロボティクス用途)

応用分野

  • 医療分野
  • 健康・介護・予防分野
  • 車載・産業機器、ロボティクス
  • 各種監視機器

関連情報