リスクマネジメント

方針・推進体制

新光電気グループは、事業活動を通じて、企業価値を持続的に向上させ、お客様や地域社会をはじめすべてのステークホルダーの皆様に貢献することを目指しています。この目的の達成に影響を及ぼすリスクを適切に把握し、その未然防止および発生時の影響の最小化と再発防止を経営における重要な課題と位置づけています。
新光電気グループ(国内)では、各部門・グループ会社におけるリスクマネジメント推進のため、「リスク管理委員会」を設置しています。リスク管理に関するすべての責任と権限を有する全社リスク管理責任者である社長がその委員長を務め、各部門には部門リスク管理責任者を配置し、相互に連携をはかりながら、潜在リスクの発生予防と顕在化したリスクへの対応の両側面からリスクマネジメントを推進する体制を構築しています。

リスクマネジメントの考え方.jpg

リスク管理体制図.jpg

プロセス

新光電気グループは、グループに影響を及ぼすリスクを適切に把握し、対応するために、潜在リスク調査を定期的に実施しています。潜在リスク調査は、各部門・各グループ会社で、発生可能性のあるリスク(潜在リスク)を抽出・分析・評価したうえで、影響の回避や軽減をはかる対策を立案・実施するとともに、万一リスクが顕在化した場合には迅速に対応するよう努めています。
また、取締役会において、潜在リスク調査の調査結果、および気候変動や自然災害、感染症などの代表的な重要リスクの対策実施状況のほか、必要に応じて顕在化した重要なリスクの状況等について、随時報告を行うことにより、取締役会が適切に事業活動におけるリスクを監督する体制を構築しています。

事業等のリスク

1. 経済や金融市場の動向に関するリスク(主要市場における景気動向、為替動向)

2. 製品やサービスの欠陥や瑕疵に関するリスク

3. 調達先等に関するリスク

4. 自然災害や突発的事象発生のリスク

5. 競合・業界に関するリスク

6. 知的財産に関するリスク

7. 情報セキュリティに関するリスク

8. 環境・気候変動に関するリスク

9. お客様に関するリスク

10.多額な設備投資に関するリスク

11. 公的規制、政策、税務に関するリスク

12. コンプライアンスに関するリスク

13. 人材に関するリスク

※事業等のリスクに記載した事項は新光電気グループのすべてのリスクを網羅するものではありません。

有価証券報告書
https://www.shinko.co.jp/ir/docs/sc2021.pdf
環境・社会報告書2021 p56
https://www.shinko.co.jp/sustainability/docs/2021_16.pdf#page=1

事業継続の取り組み

新光電気グループは、災害、事故など不測の事態発生時の対応として、社員および社員家族、周辺地域の人命の安全確保および二次災害の防止を最優先事項とし、公益への貢献に配慮しながら、お客様の重要な業務継続のために必要な活動を実施することとしています。

事業継続マネジメントの推進体制.jpg

事業継続マネジメント(BCM)

新光電気グループにおいては事業継続マネジメント(BCM:Business Continuity Management)の推進にあたり、全社BCMの基本方針として「新光電気グループ事業継続基本方針」を制定しています。また、「全社防災ガイドライン」に基づき、各統括・事業部門においても「事業継続計画(BCP:Business Continuity Plan)」を策定し、不測の事態発生時にも、組織の重要な事業を必要な時間内に再開・継続するために必要とされる初動対応を定め、必要な事前対策、教育訓練を実施しています。

新光電気グループ事業継続基本方針

基本理念

新光電気グループは、さまざまなリスクに対する対応力・復旧力の向上に継続的に取り組むことにより、自然災害・事故 をはじめとする不測の事態発生時においても重要な事業を継続し、企業としての社会的責任を遂行するとともに、お客様 の求める高性能・高品質なプロダクト、サービスの安定的な供給を実現します。

行動指針(平常時)

  1. 各事業において、不測の事態発生時にも継続すべき重要業務と目標復旧時間を決定し、それを達成するための対策を計画的に実施します。
  2. 不測の事態発生時の事業継続および復旧のための手順書を作成し、計画的な訓練を実施します。
  3. 事業環境の変化や訓練の結果を定期的に評価し、その結果に基づいた対策計画や復旧手順書の見直し・改善を継続的に実施します。

行動指針(不測の事態発生時)

  1. 社員および社員家族、周辺地域の人命の安全確保および二次災害の防止を最優先事項とします。
  2. 公益への貢献に配慮しながら、お客様の重要な業務継続のために必要な新光電気としての活動を実施します。
  3. ステークホルダーに対する緊急時コミュニケーションを早期に確立し適切な情報発信に努めます。

環境・社会報告書2021 p57
https://www.shinko.co.jp/sustainability/docs/2021_16.pdf#page=2

全社防災

新光電気では、予見できない大規模災害に備えた全社防災体制の基本的な考え方を定めた「全社防災ガイドライン」を策定しています。その他、大型台風や大規模水害の発生が予想される場合の行動基準・行動概要を定めた「台風・水害タイムライン」や、工場ごとに「事業所防火防災マニュアル」、「災害時対応計画(DRP)」を策定し、効果的に初動に対処できる体制の構築を進めています。

防災体制・対応力強化に向けた取り組み

新光電気では、事故の未然防止、災害時の人的・物的被害を最小限にとどめるために、各工場における防火防災マニュアル、災害時対応計画(DRP)、防災組織の運用、防災備品・設備の整備状況などについて、定められたチェック項目に従って自主的に点検を行う防災自主点検を実施しています。
また、社員の安否確認を迅速かつ確実にするため、安否確認システムを導入しており、毎年全社員を対象に安否報告・確認訓練を実施しています。

災害・事故対応訓練の実施

毎年防災体制の実効性を検証し、対応力を強化するために、さまざまな災害、事故(爆発、漏洩等)を想定した各種対応のシミュレーションや訓練の実施等を行うとともに、自衛消防隊組織等による定期的な訓練を実施しています。

環境・社会報告書2021 p58
https://www.shinko.co.jp/sustainability/docs/2021_16.pdf#page=3

情報セキュリティ

新光電気グループにおいては、業務における各種情報の適切な取り扱いを企業活動の基本と位置づけ、2017年にSHINKO Wayに基づいた全社方針として、「情報セキュリティ基本方針」を制定し、「情報管理規程」をはじめとする関連規定類を整備し、情報セキュリティの確保・向上に取り組んでいます。

情報セキュリティ基本方針

目的

新光電気グループは、事業の遂行において情報が基礎となること、また、情報の取扱いにおけるリスクを深く認識し、次の事項を目的として情報セキュリティに取り組むことにより、SHINKO Wayに示す「お客様のかけがえのないパートナーとなり、お取引先と共存共栄の関係を築く」との企業指針を実現し、社会的責任の重要な側面として、行動規範で定める「機密保持」 を実践いたします。

  1. 新光電気グループは、その事業において、お客様およびお取引先の個人や組織から提供を受けた情報を適切に取り扱い、 当該個人および組織の権利および利益を保護します。
  2. 新光電気グループは、その事業において、営業秘密、技術情報その他の価値ある情報を適切に取り扱い、新光電気グルー プの権利および利益を保護します。
  3. 新光電気グループはその事業において情報を適切に管理し、製品およびサービスを適時にかつ安定的に提供することによりその社会的機能を維持します。

取組の原則

新光電気グループは、次の事項を情報セキュリティへの取組みの原則とします。

  1. 取り扱う情報について、機密性、完全性、可用性の維持を情報セキュリティの目的とし、これを達成するための情報セキュリティ対策を立案します。
  2. 情報セキュリティ対策を適切かつ確実に実施するため、体制と責任を明確にします。
  3. 情報セキュリティ対策を維持するため、計画、実施、評価および改善の各段階のプロセスを整備し、情報セキュリティの水準を維持・向上させます。
  4. 情報セキュリティ対策を適切かつ確実に実施するため、役員および従業員に対し情報セキュリティに関する啓発と教育を行い、その重要性を認識させ、行動させます。
  5. 情報セキュリティ対策を適切に実施するため、情報の取扱いに伴うリスクおよび対策のための投資を勘案します。

新光電気グループの施策

上記目的および取組みの原則に基づく情報セキュリティ対策を確実に実施するため、新光電気グループは、関連規定を整備し、これを実施します。

情報セキュリティ関連規定体系.jpg

環境・社会報告書2021 p59、p60
https://www.shinko.co.jp/sustainability/docs/2021_16.pdf#page=4