Cuピラー | 製品・サービス | 新光電気工業

ICアセンブリ

Cuピラー

P_CU01_元cu_pillar_pic_01.jpg

Cuピラー(銅ピラー)は半導体チップとインターポーザーをフリップチップ接続する端子で、アルミ電極パッド上にCuの柱(ピラー)を形成します。Cuピラーは、チップの高集積化による端子数の増大、狭パッドピッチに対応可能であることから、需要が高まっています。
ウエハー上への微細めっきパターン形成技術により、寸法均一性に優れたCuピラーを受託加工いたします。

コンセプト

  • 狭Padピッチ製品への12インチウエハーレベルCuピラー形成
  • Cuピラーのフリップチップ実装組立対応可能

特徴

  • 300mmウェハ対応
  • フラックスレスリフロー採用によりクリーンプロセスを実現
  • Ultra Low α Sn-Ag はんだめっき採用による環境負荷低減
  • 45umピッチでの量産実績μ
  • 各種バンプ形状に対応可
  • プローブ痕上にも形成が可能

構造

P_CU03_image3.jpg

F_CU01.jpg

用途

  • プロセッサ向けなどの多I/O端子デバイス

関連情報