新光電気工業株式会社

海外営業担当

お客様の要求をしっかり把握してスピーディーに関連部門と連携する。社内外との緊密なコミュニケーションが顧客満足につながっていく。

荒井 勇人 Yuto Arai
営業統括部 第四営業推進部
2016年入社 経済学部経済学科卒
荒井 勇人写真

プロフィール

休日は母校のサッカー部で外部コーチとして指導しているという荒井。「どうすれば自分の考えが相手に伝わるか、一人ひとりの性格や状況に応じて接し方を工夫することは、日常の業務の中でも非常に役立っている」と話す。

ある1日のスケジュール

8:30
出社
8:45
e-mailの内容確認、資料の確認
9:00
担当顧客との電話会議
10:00
社内打ち合わせ
12:30
昼食
13:15
e-mailの問い合わせに対する返信・問い合わせへの電話回答
14:00
ご依頼頂いていた見積もりを作成し、お客様に提示
16:30
e-mailの内容確認と当日対応必要な内容の最終チェック
17:30
業務終了/帰宅

技術力を強みに世界でビジネスを展開する。
新光電気には自分の求めるポイントが揃っていた。

就職活動を始めた時、私が志望先として重視していたポイントが2つありました。1つ目は「高い技術力を有する」こと、もう1つは「世界中の人々の生活を支えるような製品を提供している」ことです。
この視点でさまざまな企業を研究するなかで強く興味をひかれたのが、新光電気でした。新光電気は、圧倒的な技術力で世界を相手にビジネスを広げており、世界中の人々の生活に浸透し、現代社会になくてはならない半導体の根幹を支える製品を提供しています。まさに私の希望に合った会社だと思いました。この特徴を知ったのは会社説明会に参加した時でしたが、地元の長野にこんな企業があるのだと、とても驚いたことを今でも鮮明に覚えています。そして、私もこの会社の一員として、世界を舞台に活躍したいと思ったことが、入社の決め手になりました。

社内の各部門と緊密に連携して、
お客様の要求に応えていく。

私は現在、ICチップが発する熱を放散することで電子回路の安定動作をサポートするヒートスプレッダーという製品の営業を担当し、アメリカのお客様に提供しています。業務内容は、お客様から新規の取引依頼をいただいた際の見積作成から納期の調整、納品後の製品代金の回収まで非常に多岐にわたります。
営業部門内で完結する業務はほとんどなく、工場をはじめとする関連部門の協力が不可欠です。そのため、社内におけるコミュニケーションはとても重要であり、関連部門と密に連携をとるよう心がけています。

“お客様に一番近い存在”として
コミュニケーションのスキルを磨いていきたい。

荒井 勇人写真営業の仕事とは、案件の始まりから終わりまで“お客様に一番近い存在”としてお客様と当社をつなぐ仲介役であり、お客様と当社が共に満足のいく結果を得るために大変重要な役割を担っています。その責任を果たしていくために、業務においては常にお客様からの要求をしっかり把握して、スピーディーに工場側に伝え、調整・折衝するようにしています。
先日、初めての海外出張を経験し、お客様の前で直接当社のビジネス状況等をプレゼンしました。今後もお客様目線で必要な情報を明確かつ的確に伝えられるよう、英語のスキルはもちろん、プレゼンテーションのスキルも磨いていきたいと考えています。

新光電気工業株式会社

個人情報保護ポリシー このサイトについて

Copyright(C) 2001-2019 SHINKO ELECTRIC INDUSTRIES CO.,LTD. All Rights Reserved