新光電気工業株式会社

製品設計

お客様や仲間とのコミュニケーションを第一に、多くの製品づくりに尽力したい。

近藤 美沙季 Misaki Kondo
リードフレーム事業部 設計部
2017年入社 繊維学部応用生物科学課程卒
近藤 美沙季写真

プロフィール

「大学時代はヒッチハイクサークルに入って旅をしていた」というアクティブな近藤。今でも週末はあちこちを飛び回っている。旅先で美味しいものを贅沢に食べて鋭気を養い、「また仕事を頑張るぞ!」と意気込む毎日だ。

ある1日のスケジュール

8:30
出社
8:45
メールチェック
9:30
新規図面の作成、新規品の手配
11:30
お客様への対応状況の社内共有
12:30
昼食
13:15
メールチェック
14:00
製品仕様の検討、お客様の質問への回答、資料作成
16:30
メールチェック
17:30
業務終了/帰宅

自らの成長のため、新たな分野へ挑戦。

私は、大学時代に生物学を専攻してタンパク質について研究しており、半導体業界とはまったく縁がありませんでした。
就職活動は、「女性が長く働ける環境が整っている」という点を重視し、幅広い業界の企業を見ていました。新光電気の製品は表立って生活の中に見えるものではありませんが、製品を通じて世界中の人々をつないでいる、やりがいのある仕事だと共感し、入社を希望しました。今まで学んできた分野とは異なることに不安を感じはしましたが、自らの成長になると考えてチャレンジすることにしました。

お客様の要望に応えるために
社内コミュニケーションは欠かせない。

私は現在、リードフレーム事業部で、新規製品とその工程の設計を担当しています。また、お客様のご要望を受け、それに応える製品仕様の検討や分析・提案をしています。
設計職は、お客様の望んでいることを社内へ伝達し、工程を円滑に進めるための調整役でもあります。さまざまな部門の担当者とコミュニケーションを重ね、社内の意見を集約しながら、お客様のご要望を実現していくことが大切な役割です。

皆と一つになって目標を達成することの充実感を
新たな技術を磨く糧にする。

近藤 美沙季写真最近手がけたのは、リードフレーム事業部全体を挙げて注力した高難度製品の設計プロジェクトです。お客様が希望する製品の仕様を、漏れなく設計図に落とし込み、実現に必要な要素を隅々まで手配しました。その過程では社内打ち合わせを何度も繰り返し、製造が始まってからもヒアリングを重ねて各工程がスムーズに進むように留意しました。
製品が無事に完成し、お客様の元に届いて無事に稼働しているとお知らせいただいたときは、一つの目標に向かってメンバーとやり切った充実感を得ました。今後もお客様との円滑なコミュニケーションを第一に、技術をさらに磨くとともに多くの製品づくりに尽力したいと思います。

新光電気工業株式会社

個人情報保護ポリシー このサイトについて

Copyright(C) 2001-2019 SHINKO ELECTRIC INDUSTRIES CO.,LTD. All Rights Reserved