新光電気工業株式会社

知的財産管理

特許取得を通じて、開発の成果を権利化するとともに、会社の競争力強化に貢献したい。

平井 秀和 Hidekazu Hirai
知的財産権統括部 知的財産部
2012年入社 工学研究科航空宇宙工学専攻
平井 秀和写真

プロフィール

学生時代から車好きで、休日はドライブに出たり、整備したりと、とにかく愛車と過ごす時間が多いという平井。「最近は日帰りで伊香保までドライブに行き、白根山や榛名山の美しい景色に感動しました」と語るように、仕事を忘れてリフレッシュするうえでも役立っている。

ある1日のスケジュール

8:15
出社
8:30
知的財産部での朝礼
e-mailの確認と、一日のスケジュールチェック
9:30
開発者と特許出願に関する打合せ
出願する発明の内容を詳しく把握
11:00
午後の打合せに向けて資料の確認
11:50
昼食
13:00
部内での特許取得方針の打合せ
14:30
特許事務所との打合せ
16:00
午前中の打合せを踏まえ、開発者からの問合せに応えるための資料作成
17:30
業務終了
18:00
会社主催の英語教室に参加
19:30
帰宅

培った専門知識を活かしながら、
知的財産管理という未知の世界に挑む。

就職に当たっては、学生時代に学んだ電気・電子の専門知識を発揮できる仕事、それも自分が興味を持てる分野に関わる仕事に携わりたいと考えていました。そうしたなかで新光電気に出会い、パソコンや携帯電話、ゲーム機などの“頭脳”にあたる製品をつくっていることを知りました。パソコンの自作やゲームが趣味な私にとって、まさに希望通りの会社だと思い、入社を決めました。
当初は大学院での研究実績もあり、研究開発部門で働く姿を想像していましたが、配属されたのは考えもしなかった知的財産部でした。驚くとともに「法律の知識などまったくない私に務まるだろうか」と不安に思ったものでした。しかし、働き始めるとすぐに、法律の知識はもちろん、それと同じくらい理系の知識が求められる仕事だということが分かってきました。つまり「学生時代に学んだ知識を活かしたい」という希望は叶っていたわけで、むしろ今では法律という未知の分野に関わることで、自分の視野が大きく広がったことを感謝しています。

開発の成果を特許として権利化することで
会社の競争力強化に貢献。

知的財産部の仕事は、社内で開発された技術・製品に関する特許の取得・管理・活用をはじめ、社内の技術情報管理、契約関係の手続きなど、多岐にわたります。そのなかで、私は主に特許の取得に関わる業務を担当しています。
特許取得は、社内の開発者が生み出した技術や製品を、独自の権利として保護するために必要なもの。有力な特許をどれだけ持っているかが、会社全体の競争力を大きく左右します。
ただし、特許を取得するためには、難解な特許法を理解するとともに、特許庁との手続きを進めるためのノウハウが必要になります。開発者だけで対応するには非常に困難ですので、それをサポートするのが私たち知的財産部門の仕事というわけです。

開発者とのコミュニケーションを深めることで、
確かな信頼関係を築いていきたい。

平井 秀和写真

特許出願を進めていくうえで重視しているのが、開発者とのコミュニケーションです。なぜなら、特許を取得するためには、開発された技術・製品の内容や、それらがもたらす価値、さらには既存の技術・製品との違いなどを、詳細に理解する必要があるからです。いくら理系の知識があるといっても、個々の専門分野の技術を理解するのは容易ではなく、開発者から詳しくヒアリングする必要があります。その一方で、開発者に対し、どのような書類を作成し、どんなデータが必要かなど、特許出願に必要な一連の作業について、その目的や意図をしっかりと理解いただくことも大切です。
そこで、できるだけ開発者と“フェイスtoフェイス”で対話し、お互いの業務に対する理解を深めるよう心掛けています。互いを理解し、より良い関係を築くことで、自然とコミュニケーションの機会も増えますし、ひいては有力な特許の取得にもつながると考えています。
まだまだ若手の域を出ていない私ですが、いずれは開発者から「この人にお願いすれば安心して特許が取得できる」と信頼してもらえるような知財スタッフに成長したいと思っています。そのためには、知識だけでなく、相手から信頼されるような人間性が大切になりますので、一つひとつの経験を大切にしながら、自分を磨いていきたいですね。

新光電気工業株式会社

個人情報保護ポリシー このサイトについて

Copyright(C) 2001-2019 SHINKO ELECTRIC INDUSTRIES CO.,LTD. All Rights Reserved